top of page

Googleマイビジネスを最適化し、売上アップする方法


地域集客でトラフィックと顧客を獲得する最も簡単な方法の1つは、Googleマイビジネス(GMB)リスティングを設定し、最適化することです。


Googleマイビジネス(GMB)は、あなたのビジネスの営業情報、レビュー、投稿、および非常に多くの情報を書いた看板です。


そのために、Googleでビジネスを主張する方法の前に、考慮すべきことがいくつかあります。

例えば、こんな感じです。


  • あなたのお客様は、オンラインであなたのビジネスを検索するとき、何を見つけているのでしょうか?

  • 電話番号を知る必要がある場合、どれくらいの速さでアクセスできるか?

  • 駐車場の有無を知りたい場合、どのように調べるのでしょうか?



消費者がウェブサイトに到達する前に、これらの情報を入手できるようにする必要があります。

これらの情報のほとんどは、おそらくあなたのウェブサイト上で見つけることができますが、Googleマイビジネスに記載する必要があります。


Googleマイビジネスは、正しく運用すれば、収益を上げ、顧客を毎月自動で獲得できる強力なツールです。(しかも、無料です。)

その重要性と、より多くの売上を上げるために最適化する方法を説明します。

======================================


Googleマイビジネスで経営者が犯しがちな一番の間違い


実際の話、Googleは検索を支配しています。

ある調査によると、全検索の約9割がGoogleで行われているそうです。


ちなみに、1日あたりの検索回数は35億回です。



-世界検索エンジンシェア(出典: SimilarWeb)


ビジネスを知ったキッカケは?ほとんどの人は、Googleの検索結果の1ページ目を通過することができません。


ある研究では、Googleの検索結果ごとにクリックスルー数を調べたところ、2ページ目で指数関数的に減少したそうです。




つまり、あなたの顧客は、Googleの最初のページで必要なものを見つけているのです。


Googleの1ページ目に表示させる方法は他にもありますが、Googleマイビジネスは、あなたを助けてくれる非常に価値のある(そして簡単な)ツールです。


Googleマイビジネスから送られるシグナルは、ローカルSEO対策にも一役買っているのです。




地域の小売業者の56%が、無料のGoogleマイビジネスアカウントを登録していない。


Googleの調査では、スマートフォンでローカル検索を行った消費者の50%が1日以内に店舗を訪れている "という結果が出ているのだから驚きです。


======================================


Googleマイビジネスを利用することは、非常に大きな利点があり、ビジネスを主張するためのプロセスは、わずか数ステップで完了します。




次に、あなたのビジネスに関する基本情報(名前、住所、電話番号、ウェブサイト)を入力します。




次に、あなたのビジネスアドレスに郵送または電話で発信されるコードを送信して、アカウントを確認する必要があります。このステップは、GMBの全機能のロックを解除するために必要です。



会社情報を追加した後、ダッシュボードにアクセスして、掲載内容をカスタマイズすることができます。

でも、そこで終わりにしないでください。あなたはまだ終わっていません!

ほとんどの企業がこのような間違いを犯しています。



Googleマイビジネスのアカウントを取得し、必要最低限の情報を追加し、放置してしまうのです。

集客機会を置き去りにしているのです。


最適化する必要があります。

アカウントを取得することは、ほんの始まりにすぎません。


Googleマイビジネスを正しく活用することで、売上やリピーターの増加につなげることができます。

======================================



Googleにビジネスを登録する方法

Googleにビジネスを登録することは、新しい顧客を獲得する最も簡単な方法の1つですが、リスティングを最大限に活用するためには、いくつかのベストプラクティスに従うことを確認する必要があります。

1.情報が正確、包括的、最新であることを確認する。


Googleマイビジネスのリスティングには様々なパーツがありますが、まずはコアとなるビジネス情報から始めましょう。

  • 名称

  • 住所

  • 電話番号

  • ウェブサイト

  • 商品説明

  • カテゴリー

  • 属性

Googleマイビジネスでは、リスティングを開始するために、名前、住所、電話番号(別称:NAP)を要求します。

この情報は、Google検索、マップ、Google+にインデックスされ、ローカルSEOの基礎となります。

情報は、現在ウェブサイトに掲載されているものと一致させる必要があります。


実は、情報が全く 同じであることを確認する必要があるのです。

情報に矛盾があると、検索順位に悪影響を及ぼします。





住所を入力する際は、地図上の座標と一致していることを確認し、ウェブサイトに記載されている郵便番号(5桁とハイフンで繋がれた9桁のコード)と同じものを入力してください。


さらに、全国規模やコールセンターのオプションとは対照的に、地域の固定番号を持つ方がよいでしょう。


NAPを提供した後は、ビジネスカテゴリと企業属性という、リスティングの非常に重要な2つの要素に焦点を当てることができます。


これらの分野では、どのようなビジネスを展開しているのか、具体的に説明する必要があります。

ビジネスカテゴリと属性を追加する際に、キーワード戦略を考慮する必要があります。


でも、気をつけてください。キーワードを詰め込むのはお勧めしません。

Googleマイビジネスでは、そのような行為を禁止しています。2016年には、ユーザーがGMBの説明文を編集する機能を廃止し、より正確なリスティングを提供するための属性を導入しました。


カテゴリは非常に具体的であることを意味しますが、属性はあなたのビジネスと提供する体験をより明確に描き出すことができます。

4,095のビジネスカテゴリーの全リストを閲覧し、自社の分類が正しいかどうかを確認することが有益です。


具体的に書くことを忘れないでください。「ネイルサロン」を経営している場合は、「コスメトロジー」とは書かないようにしましょう。ビジネスカテゴリーは追加して増やすことができます。当てはまる内容は全て追加しておきましょう。




レストランにパティオやバー席はありますか? お子様連れに優しいですか?

マンションの設備はどうなっていますか? テニスコート?屋内プール?

あなたのコーヒーショップは無料Wifiを提供していますか? 公衆トイレはありますか?


これらの属性は、お客様が抱くであろう質問に答えるために追加され、ビジネスの能力と提供物についてより深い理解を得ることができます。


基本的な情報が完成したら、次はビジュアル面をカスタマイズしていきます。

あなたのビジネスを検索するとき、お客様が最初に目にするのは?

あなたのプロフィール写真

写真なしでの掲載はできません。



調査によると、"写真付きのリスティングは評判が良いとみなされる可能性が2倍高く、クリック数も35%多い "とのことです。


Googleマイビジネスでは、あなたのビジネスを紹介するために、プロフィール写真、カバー写真、動画をアップロードすることを推奨しています。それぞれ、以下のような目的があります。


自社で制作した高品質なコンテンツをアップロードするだけでなく、ユーザーが作成したコンテンツも掲載することができます。

あなたの自慢の一品を、誰かが素敵な写真で撮って投稿してくれませんか?

あなたのビジネスのタグ付けされた写真」オプションで選択して、あなたのプロフィール写真として使用します。


あなたのビジネスとのやりとりの写真を追加するように顧客に促すと、あなたのリスティングにユーザー生成コンテンツの豊富なギャラリーを作ることができます。しかし、彼らは写真で体験を共有するだけではありません。

体験談も書いてもらえます。


======================================


2.レビューを依頼する(そして返信する)



レビューはローカル検索の生命線です。

ほとんどの人がセカンドオピニオンを好みます。そのため、90%の人が購入前にレビューを読んでいます。

※48%の人が星4つ以上じゃないと利用しないと回答。星2つで利用すると回答した人はわずか3%


レビューの検索頻度も増えています。調査では、"消費者の97%が、まずはローカルビジネスを検索している "という結果が出ています。

2年間で900%検索量は増加してます。


考え方はシンプルで、良いレビューをたくさんもらうことです。


とはいえ、お客様からレビューをいただくにはどうしたらいいのでしょうか?

簡単なことです。お客さんにお願いしましょう。

72%の人はレビューを書いてくれます。


簡単にレビューをもらうためにURLをQRコード化しておくといいでしょう。




Googleマイビジネスのダッシュボードを利用して、返信を書く時間を取ってください。

53%の人がネガティブレビューへの対応を期待している。


もし、あなたのレビューが完璧な5つ星評価で届いているなら、これはお客様をあなたのビジネスの熱烈なサポーターに変えるチャンスです。全国規模の企業であれ、地元の花屋さんであれ、お客様があなたのブランドで体験したことを認め、手を差し伸べることが重要です。


もし状況が悪ければ、それを正すチャンスなのです。


中立的な3つ星レビューを受けたオーナーは、"その3つ星レビューを5つ星レビューに引き上げる "ためにどうすればいいか、積極的にコンタクトを取りました。これぞ、カスタマー・サービス!


======================================


3.Googleマイビジネスメッセージでお客様に直接語りかける


もし、お客様がリスティングやウェブサイトから何かを見つけられなかったら?

彼らはあなたにコンタクトを取りたがっています。でもどうやって?

あなたは、「単純だ」と思うかもしれません。私の電話番号は、Googleマイビジネスのリスティングに含まれています。"

でも実は、お客さまが望んでいないこともあるんです。


実際、ある調査では、"ビジネスリードの90%が、電話よりもテキストメッセージを受け取りたいと考えている "という結果が出ています。そのため、モバイルメッセージはマーケティング戦略上、非常に有効な手段となり得ます。


顧客エンゲージメントの向上につながり、販売の成約につなげることができるのです。


調査によると、SMSのダイレクトメッセージは、モバイル広告よりも高いコンバージョン率を示しています。

そこでGoogleは、その解決策としてメッセージング機能を導入したのです。





この機能を有効にすることで、お客様と1対1のコミュニケーションが可能になり、質問に答えたり、コメントを書いたり、ロイヤリティを高めることができます。


Googleマイビジネスのメッセージ機能を有効にすることで、GMBリスティングから直接SMSテキストで質問をすることができます。

この機能は、Googleマイビジネスのダッシュボードにある「メッセージをオンにする」ボタンをクリックすることでオンにすることができます。


次に、チャットに使用する電話番号の入力を求められます。

なお、この電話番号は、お客様が「メッセージ」ボタンをクリックすることで、一般に公開されることはありません。

個人番号を使いたくない場合は、いくつかの代替手段があります。


番号を追加すると、携帯電話に届くコードで確認する必要があります。

この機能のオンとオフを完全にコントロールでき、必要に応じて番号を更新することができます。

Googleはまた、リスティングに表示されるあなたの応答時間を計算します。これは、問い合わせに応答するのにかかる時間の長さを平均化したものです。


最後に、"Welcome Message "を追加することができます。これは、ユーザーがあなたへのメッセージを開始したときに受け取るものです。メッセージの例としては、「ご連絡ありがとうございます。お客様のご要望にお応えできることを感謝しております。」


この機能を有効にすると、リスティングのメッセージボタンから誰かが質問をすると、SMSテキストメッセージを受け取れるようになります。その後、テキストメッセージの形で直接返信することができます。


この機能は、あなたのビジネスとお客様との間に密接なつながりを育みます。あなたのビジネスは、より透明性の高いものとして認識され、信頼性の向上や売上アップにつながる可能性があります。


しかし、このサービスは、積極的に問い合わせをしてくるお客様に対してのみ有効な情報共有です。

また、Googleは、受動的に閲覧している人々のために、ニュースや最新情報をリスティング上で共有するオプションを設けました。

それでは、Googleポストがどのようにリスティングを最適化するのかを見てみましょう。


======================================


4.ビジネスの最新情報を共有するための投稿を追加


Googleマイビジネスリスティングでユーザー生成コンテンツを管理する方法を紹介しましたが、次は作成するコンテンツに注目しましょう。そこで登場するのが、Googleポストです。


Googleは2017年、投稿機能をすべてのビジネスに開放しました。この機能により、ビジネスに関するコンテンツをさまざまな方法で共有することができます。いくつかの例を挙げます。

  • 新商品を様々な商品画像でアピール

  • 宣伝したいイベントの紹介

  • クーポンの発行

  • 会社の最新情報をテキストで共有する


Googleポストでは、テキスト、写真、GIF、そしてコールトゥアクションボタンなどを追加することができます。

  • 購入

  • 会員登録

  • 詳細はこちら

  • 予約

  • 特典を受ける

  • クーポン発行

Googleマイビジネスアカウントの認証が完了すると、投稿の作成を開始することができます。

投稿を作成する際に、考慮すべきこと。

  • Googleは1つの投稿に最大300文字を許可していますが、CTAボタンを使用した場合、モバイルとデスクトップの表示には60~70文字しか表示されません。

  • CTAボタンが使用されていない場合、モバイルではテキスト投稿全体が表示されます。

  • 選択する画像は、あなたのビジネスを高品質で表現するものである必要があります。(最適サイズは1200✖900)

  • 聴衆に直接語りかけましょう。業界の専門用語は使わず、聴衆がその投稿に興味を持つようなコンテンツを共有することに重点を置きましょう。

  • Googleは各投稿に対してインサイト(詳細は後述)とエンゲージメントメトリクスを提供していますが、リンクに対してもUTMパラメータを設定しておくとよいでしょう。


公開」をクリックすると、自分の投稿をリスティングで確認することができます。

これで、あなたのビジネスを検索しているすべての人が見ることができるようになります。Googleポストは1週間で消えてしまうので、公開してから1週間以内に必ず見直してください。


Googleポストは、もっと短い期間を設定しない限り、7日後に消えます。そのため、投稿を作成する際には、タイムリーで超具体的であることが重要です。最初の1行がサムネイルタイトルになるので注意を弾く文章を書きましょう。


======================================


5.Googleマイビジネスインサイトによる顧客経路の追跡


他のマーケティング手法と同様に、Googleマイビジネス掲載の効果を測定することが重要です。

Googleには、それを支援するツールが組み込まれています。

Googleマイビジネスインサイトでわかること。

  • お客様がどのようにあなたのビジネスを見つけるか(ダイレクト検索とディスカバリー検索)

  • お客様がGoogleのどこでリスティングを見つけたか(検索 vs. マップ)

  • リスティング広告を見たお客様の行動(サイト訪問、道案内クリック、フォトギャラリー閲覧、電話連絡など)

  • お客様が住んでいる地域(方位取りのクエリに基づく)

  • 電話の総件数とお客様が電話をかけている時間帯


まずは、最も重要な質問から始めましょう。顧客はどのようにあなたを見つけているのでしょうか?

ダイレクト検索とディスカバリー検索の2種類を使い分けているそうです。


直接検索は、あなたの顧客があなたの会社を知っていて、あなたの会社名や住所を使ってあなたを探していることを示しています。

ディスカバリー検索は、ビジネスの種類やカテゴリーを検索するもので、必ずしもビジネスの名前ではありません。これは、あなたの会社のことをよく知らない人によく見られます。


どのようにあなたのリスティングを見つけるかを理解したら、彼らがそのリスティングで何をしているかを理解したいと思うでしょう。

彼らはあなたのウェブサイトを訪れているのでしょうか?


道案内を依頼する?

電話する?

写真を見る?


リンクのUTMパラメータを設定することも重要ですが、Googleマイビジネスでは、リスティングにおける顧客のアクションを詳細に確認することができます。


Googleマイビジネスでは、インサイトダッシュボードでユーザーの行動を追跡し、顧客があなたのリスティングのどこに価値を見出すかを理解するのに役立ちます。


また、Googleは、ユーザーが作成したコンテンツ(特にフォトギャラリー)を競合他社と比較してベンチマークすることも可能です。

ギャラリーのフォトビューを分析し、あなたのギャラリーと類似した他のビジネスと比較することができます。

これらの情報はすべて、お客様のコンバージョンパスを追跡し、お客様のWebサイトに到達するまでの行動を包括的に理解するために利用することができます。

======================================


結論

お客様があなたのビジネスを見つける方法はたくさんあります。Google マイビジネスでは、あなたの製品やサービス、経験を探している潜在顧客の目の前に、あなたの大切なビジネス情報を配置します。


GMBは、ローカルSEOに役立ち、レビューや投稿を通じて顧客と関わる機会を提供し、顧客の購買経路に関する有益な洞察を得ることができます。さらに、無料で利用できる貴重なツールです。


Googleマイビジネスのリストを主張し、最適化しないことは無料で看板を建てることに"No"というようなものです。


Googleマイビジネスのアカウント設定や、デジタル戦略全般についてサポートが必要な場合は、ぜひご相談ください。

Googleマイビジネスのリスティングをどのように最適化し、ビジネスにさらなる収益をもたらすか?


▼もっと詳しくMEOを知りたい人は電子書籍で学んでみてください





コメント


bottom of page