top of page

1円もかけずに90日で約12万表示を達成した、魔法の施策【MEO】

MEOは1日1分運用すれば、永遠に集客に困りません。

必ず、最後まで読むことを約束してから進んでください。



はじめに


私が初めてMEO運用を行なった時、クライアントは大騒ぎしました。

それまでBGMだけが流れる、人のいない店内がお客さんの声でいっぱいになったからです。


このカフェの料理は非常に素晴らしかったです。

しかし、どんなに素晴らしい物も知られなければ価値は届かない


店内をお客さんでいっぱいにし、店外には数十人の行列を作ったこの施策は大成功でした。

しかも費用は1円もかかっていません。


この強力で、しかも簡単に実行できるプログラムによって、お店は最も悩ましい問題である集客を解決するための効率的で最も効果的な方法を手に入れたのです。


そんな魔法のような施策がこのMEOであり、次はあなたがこの強力な力を使うことになります。

最初に適切な設定を行えば、あとは1日1分運用するだけで永遠に集客ができる資産になります


いわゆる、”管理ツール”や"アマチュア専門家"による情報は他にもたくさんあります。


しかし、本記事はさまざまな業種で検索順位TOPを生み出した真実の情報です。

そして、最新のGoogleアルゴリズムを本場から学び、自分達で試し、日本用に常にバージョンアップしてきました。


現在、その最新情報をご覧いただいています。

で、ここからが本題です。


このBlogに含まれる情報を無料で提供することで

「なぜこんな情報を無料で提供するのか?」と不思議に思う人がいます。


競合他社は間違いなくそうでしょう。しかし、無料であろうとなかろうと特に秘密など持ち合わせていないのです。

しかしこのプログラムを書き留めたのは、MEOの基本をみなさんにお伝えしたかったからです。


このプログラムを適切に実行することで、認知度5倍、来店数3倍、紹介を大量に増やすことができ、

より豊かなビジネスライフを過ごすことができるようになります。


この情報は、弊社を知ってくれることに興味を示してくれたあなたへのプレゼントだと考えてください。

あなたのビジネスに、たくさんの顧客を増やす第一歩を踏み出しましょう。



【MEO必須事項】キーワードをミスると全てがパー


















MEOはGoogle検索されたキーワードにヒットさせて表示をさせます。

なので、どのキーワードにヒットさせるかで全てが決まります。


例えば「渋谷 美容室」と「渋谷 美容院」たった一文字違いで検索される量は20%以上、月800回変わります。

年間9600回も検索量が違うと来店数にも大幅に違いが出てきます。








ここで、ご自身でキーワード調査を行うための無料ツールを2つ教えておきます。


検索ボリュームが調べられる














キーワードを調べるのに便利









【本題】MEO3つの"必須事項"

MEOでランキングを上げるためには、この3つは外せません。

肝の部分です。80%はこれで決まります。


1.Googleビジネスプロフィール(GBP)

2.ホームページとの統一性

3.他からの評価



















考えてみてください。

Googleはどんな情報を上位に表示させたいと思いますか?


それは検索している人に最適な検索結果を表示させたいはずです。

めちゃくちゃな検索結果を表示してしまうと検索エンジンとして評価が下がるからです。


検索結果に対してGBPがわかりにくかったらどうだろうか?

検索エンジンとしての評価が下がってしまうためランクを落とします。


もしGBPと全く関連していないホームページリンクが貼ってあったらどうだろうか?

検索した人は混乱するのは目に見えます。また悪質業者の可能性が高まるため評価を落とすでしょう。


レビューが悪いお店が検索結果の上位を埋め尽くしていたらどうだろうか?

ユーザーは検索するのが嫌になるでしょう。よってレビューが良いお店を上位表示させます。


Googleの検索エンジンとしても考え方は、検索した人に最適な検索結果を表示することです。

これがGBPの基本的な考え方になるため、MEOにとってこの3つは"必須項目"になります。


1.Googleビジネスプロフィール(GBP)

2.ホームページとの統一性

3.他社からの評価


GBPの基本

ユーザーが見たい情報が正確に表示できているかがポイントになります。

名称・電話番号・住所など当たり前ですが正確に登録しましょう。


ビジネス情報詳細はこう書きましょう。


1.営業的な文章は避ける。ユーザーが知りたい情報をわかりやすく載せましょう。

2.過去の実績を載せる

3.業種別の最適化や立地的要素

飲食店であればテイクアウトの有無、商品販売であれば返金ポリシー、駐車場情報などを書いておくのもいいでしょう。

今なら実施しているコロナ対策など、季節によって最適化するべきです。


ビジネス写真で差を作るポイント

写真を載せている方が、ないよりも42%目的地に選択してくれます。

またwebsiteのクリックも35%アップするため、重要なポイントです。


昔は違いましたが、今は画像を見てどんな内容なのかGoogleは判断することができます。

フリー素材を使うと評価が下がるので絶対に使わないでください。


準備する写真の種類

1.従業員の働いている写真

2.商品・サービスの写真

3.内観・外観

けっこう①の従業員の写真は載せていないお店が多いので載せるだけでもリードできます。


Google post (最新情報)

Googleは活発的な店舗を好みます。

最低でも1週間に1回以上は最新情報を発信しましょう。


画像サイズが適切でないと投稿が削除される可能性がありますのでご注意ください。

(最適サイズは1200*900)

また最初の1行がサムネイルタイトルになります。


Q&A

自分達で作るのが一番良いです。

いいね👍が3つ以上で質問が上位に表示されます。


ホームページとの統一性

GBPとHPの統一性とはなんでしょうか?わかりやすいのが住所です。

1-1-1と1丁目1番地1号が同じだと、Googleは認識できません。


これが統一性です。

GBPとHPに統一性が高いほどGoogleからの評価は良くなります。


そして、意外に統一されていない項目があります。

それは......




















תגובות


bottom of page